仲間の話 チビ・オ・レ

熊本に来て早いもので三回目の新年を迎えようとしている。最初の頃は聞き取れないし意味不明だった熊本弁も今では9割方理解できるようになった。(良いのか、悪いのか本心はふくざつなんですが)今年は季節ごとに楽になっていった実感がある1年だった。

 年の初めからはすごく戦ってた。仕事と家事とミーティングに行く事なんかがかみあわずできない自分をいつも責めてたしできなくてもいいんだなんて思えずに、とにかく空回りしているのもわかりながら頑なに自分のやり方を押し通すことをがんばっていた。家でも職場でも怒られっぱなしだったし何か人一倍がんばっているのに誰も解ってくれてないし、私だけがいつも時間がなくて、いつも疲れていて・・・なんで?なんで?!ってそのスパイラルから本当に抜け出せずにもがいてた。

 そんな時にすい臓が炎症を起こし職場で倒れた事が、しがみついてた仕事を少し手放させてもらえるきっかけになり、そのあいた時間を刑務所のメッセージに行かせてもらうことになった。それがとても良かった。新しい仲間と関わること、仲間との時間が増えることは私の“やるべきことをやってない私を責める気持ち”にストップをかけはじめ少しずつだけど自分を優しく見ることや余裕みたいなものができはじめたように思う。

 現実の生活、今日一日に生きられずに自分の“期待していたクリーンのこうあるべき生活”に生きてた私だったから苦しかったんだし、いつもいつも不平不満があったし感謝もできなかったんだなぁと思う。

 来年はやれる範囲でもっともっと生活を楽しみたい。少しずつ地に足をつけて責任を苦しいだけじゃなくて喜びを感じられるようになれればと思う。

 1年を通して陰に日向に私を助けいろんなことをわかちあい支えてくれた仲間の皆に・・本当にありがとう!!

 そして熊本ダルクにいつもあたたかなご支援を下さる皆さん本当にありがとうございました。

 1年の感謝と来年の皆様の幸せをいのって・・・

〒862-0971 熊本県熊本市 大江2-14-14 1F 096-202-4699 電話対応月-金 10:00 - 18:00 ※予定により不在の場合がございます