仲間の話 たまき

正直に生きる

私は、8年程前から摂食障害(過食・嘔吐)があります。私は、4人兄弟の3番目で、家では祖父母によく甘えていました。幼いころから人見知りで、友達も少ない方でしたが、中学・高校時代は陸上部に入り、部活の友人にも恵まれたおかげでなんとか過ごすことができました。

高校を卒業後は、県外の看護大学へ進学し、一人暮らしを始めました。一人暮らしの不安は大きかったですがアパートの近かった子と仲良くなり、一緒に授業を受けたり、大学ではほとんど一緒にいました。優しい友達に恵まれていたのですが、私は何か困ったことがあっても友達や家族に相談することが出来ませんでした。

いい恰好しいで頑固なところがあり、相談するのは、弱いこと、未熟なことと思っていました。不安なこと辛いことがあっても、それを感じている自分も無視していました。失敗が怖く、自分の理想とするいい人でいたくて無理をしていたと思います。その一方で、周りの友達を見回すとみんなが楽しそうでキラキラして見えて、劣等感もありました。体型も太っていて、ありのままの自分では他人に受け入れられない、と思い込んでイライラしたり、何かもっと頑張らないといけない、と焦っていた時に飲食店でアルバイトを始めました。

そのタイミングでダイエットも始め、アルバイトやダイエットにのめり込んでいきました。痩せれば全てうまくいくような気がしました。

しかし、現実は睡眠不足や昼夜逆転の生活になり、学校を休みがちになりました。アルバイトを頑張っているからいいじゃないか、と自分に都合のいい理由付けをして、心配してくれる友達や先生の言葉にも聞く耳を持たず、そのうちに学校に行くこと、人に会うことが怖くなっていき、ますます現実から逃げました。

アルバイト以外はアパートに籠って、過食と嘔吐を繰り返していました。過食嘔吐が唯一の楽しみで、一番手っ取り早いストレス解消の手段でしたが、食べることのコントロールができず、自分自身が食べ物にコントロールされているような怖さがありました。

その状況を自分で家族に話すことも出来ず、大学の先生から家族に連絡してくださり、熊本の実家に戻り休学することになりました。休学中は、過食を我慢できているときは調子がいいのですが、食べ過ぎてしまうと気分が落ち込んで、イライラを家族にぶつけることがたくさんありました。

その後、復学しましたが、また学校に行かず、過食嘔吐も止まらず、退学して実家に戻りました。将来が見えず自分に何ができるのか何も自信がありませんでしたが、祖父母は何か資格を持っていた方がいい、学校に行ってほしいと言ってくれて、実家から通える福祉の専門学校に入ることが出来ました。専門学校の三年間も、学校を休んで先生や家族、友達に何度も迷惑を掛けました。

三年生の卒業前に、学校の先生の紹介でダルクのミーティングに繋げていただき、参加させてもらうようになりました。人前で自分の話をすることはとても緊張しましたが、自分が嘘をついてしまったことを話した時に、仲間が温かく笑ってくれたことが嬉しかったです。福祉施設に就職後も少しミーティングに参加しましたが、仕事に慣れてきたころミーティングへ行くよりも自分のやりたいことを優先するようになり、二年程離れてしまいました。最近、仕事で自分の失敗を隠したり、嘘をついてしまって後悔したときに、自分はこのままではいけないと思い、またミーティングに出て仲間に話したいと思いました。ダルクの方に連絡すると、快く受け入れてくださり、感謝しています。

久しぶりにミーティングに参加した帰り道、過食のための食べ物を買いたいと思わず、家に帰っても過食せずにゆっくり眠ることが出来ました。仲間がいること居場所を感じられることがとてもありがたいです。これからミーティングに参加し続けて、嘘をつかず正直に生きることを意識していきたいです。

〒862-0971 熊本県熊本市 大江2-14-14 1F 096-202-4699 電話対応月-金 10:00 - 18:00 ※予定により不在の場合がございます