ご家族の皆様へ

依存症とは、特定の何かに心を奪われ、「やめたくても、やめられない」状態になることです。

人が「依存」する対象は様々ですが、代表的なものに、アルコール・薬物・ギャンブル、ショッピング、ゲーム等があります。


ご家族の皆様へ

大切な方が薬を使っている事を知った時、楽しむためだったはずのお酒やギャンブル、ショッピング、ゲームなどが、お金の問題や仕事、生活と様々な面で本人とその家族に悪い影響が出ていると分かった時、どうすれば良いのか分からず、どんなにびっくりされたことでしょう。

仕事や金銭的なトラブル、依存症、薬、逮捕、拘留などと言う問題がまさか自分の身近に起こるとは、思ってはおられなかったはずです。ずっと、誰にも相談できずにそれを一人で抱えてこられたのなら、どんなに苦しい思いをされたでしょうか。
「私が何とかしなければ」、と思い込んでこられたご家族の皆さんが多いのですが、そうすることで更に依存症本人の病的なふるまいに、ますます巻き込まれて、事態は悪化し家族は消耗してしまいます。
依存症は世界保健機構(WHO)でも認められた病気です。
これを、意志の強さ、弱さ、常識、モラル等の問題として捉えると、さらに混乱します。

熊本ダルクでは、当事者の支援と共にご家族が依存症のことを理解し、効果的な対応をでき、安心な生活を取り戻されるようにサポートしています
まずは、ダルクにお電話ください。
安心してください。 秘密厳守です。

kaigi_young_old_people.png

熊本ダルクは、家族会を実施しています。
毎月第3日曜日、13:00~

場所:熊本ダルク
料金:おひとり1,000円(ご夫婦などは、おふたり目から500円)

家族会日程

2018年10月21日(日)13:00~

場所:熊本ダルク


counselor.png

私の息子は薬物依存症です。

約7年前のことですが、薬物使用で逮捕され、次々と起こすトラブルを、あの頃私は一人で隠し、一人で何とかしようとしていました。が、どうにもならなくなり思い切って熊本ダルクに相談しました。

時間はかかりましたが、少しずつ自分を取戻し、息子の問題は息子に任せ、私は自分の人生を生きる事が出来ています。どうか私と同じ問題を抱えている家族の皆さん、勇気を出して、ダルクに電話してみてください。
私たちダルクの家族会は同じ経験をした仲間です。一人で悩まず、一緒に考えませんか?
熊本ダルク家族会代表 ナオ


group_hogosya_kyoushi_seito.png

依存症についてもっと知りたい方へ※厚生労働省

ご家族の薬物依存でお困りの方へ (PDF:6,260KB)※厚生労働省

熊本県依存症相談窓口

熊本県薬務衛生課  096-333-2242
熊本県精神保健福祉センター  096-386-1255
熊本市こころの健康センター  096-362-8100

〒862-0971 熊本県熊本市 大江2-14-14 1F 096-202-4699 info@kumamotodarc.net 電話対応月-金 09:30-17:30 ※予定により不在の場合がございます